カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

税金を安くしろ!

f:id:tokyoeastwood:20160114074850j:plain

最近、ニュースで放送していましたが、東京オリンピック新国立競技場建て替えに伴い、強制立ち退きを迫られた都営霞ケ丘団地には住民の皆さんが400人もおられるそうです。1960年代の前回のオリンピックの頃に建てられたこの団地はさすがに古くなって行政側とすれば何かの理由をつけて建て替えたいし、新国立競技場の近くに古い建物があるのはカッコ悪いのでしょう。

しかし、オリンピック組織委員会がこの立ち退き案を含む新国立競技場の整備案を発表したとき、都営団地を管轄する東京都都市整備局は寝耳に水で仰天していたそうです。何しろ、移転先も決まっていないのですから。とにかくトップダウンで決まっての発表で行政機関同士の連携も無いことが分かりますね。

そもそも、東京オリンピックに反対している人は多いのです。国民の血税を何千億円と使ってオリンピックを開催することが借金だらけの日本に必要でしょうか?仮に開催するにしても既存の施設で足りるのですから、古い国立競技場を取り壊すことはなかったのです。

だいたい、組織委員会の長であるM元総理は昨年来のオリンピックの準備の不手際で批判を受けると、坊主頭に髪の毛を切って来ました。いささか責任を感じで坊主になる、これはまさに体育会系のノリではないですか。それよりはあなたが辞めることが全てに一番良いことなのですが。何でも大雑把でアバウト、蜃気楼と呼ばれていたことをお忘れなのでしょうか。

日本はお金が無い国なのです。お金持ちはほんの一部で、大多数の庶民はオリンピックを開催するより、少しでも税金を安くしてもらいたいのです。世界への体面や世間体を考えて、オリンピックに立候補したり、海外に何千億円も援助ばかりしないで欲しいです。あの中国にさえ、何兆円という円借款をしていたのです。A首相が外遊すると発展途上国には景気良くお金をバラまいて来ます。あれも全部国民の血税なのです。お金を撒いて世界旅行をすれば、それはそれは歓迎されますよね。Aさんは自分の貯金を撒いたらどうですか?海外にお金を撒くぐらいなら、まず先に生活に苦しんている沢山の日本国民の税金を安くしてください!