カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

やれば出来る日本人力士

f:id:tokyoeastwood:20160124184618j:plain

大相撲千秋楽で大関琴奨菊が念願の初優勝を成し遂げました。思わず、拍手喝采、快哉を叫んだ方が多いのではないでしょうか。白鵬が優勝しても全然感動もないのですが、日本人力士が優勝したせいか、これで大相撲が面白くなるという期待が俄然高まります。今までモンゴル力士に苦杯をなめてきた日本人力士たちも琴奨菊の初優勝を見てかなり刺激を受けたのではないでしょうか。なにしろ、琴奨菊の優勝後の次の取り組みで、大関稀勢の里横綱鶴竜を寄り切り、俺だって出来るんだぞ!と言いたげな顔でした。いつも通り、少しふて腐れた顔でしたが。

その稀勢の里を見て、鋭い解説の北の富士勝昭さん曰く、この人は本当は強いのにいつも気持ちが負けている、いつもこちらの言うことは同じなどとズバリの直言が痛快でした、いや、まったくその通り、琴奨菊に負けず稀勢の里も早く優勝して東西の日本人横綱となってもらいたいものです。

人間成せば成る、何事も。日本人力士は皆頑張って欲しいものです。いや、テレビで彼らを見ているだけでなく、自分も色々頑張らねば、と思った今日の取り組みでした。