カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

阿呆団と呼びませんか?

昨日からのニュースで東京でわずか3歳の幼児が虐待されて死亡したことが伝えられ、警視庁が20歳の暴力団組員の男を逮捕したそうです。この卑劣極まりない男は「にらまれて頭に来てやった。」と容疑を認め、「人生に悔いはない」などとふざけた釈明をしています。こんな奴は誰がどう見ても裁判で死刑になるべき最低の弱い男ですね。

動物は相手の目を見て次の行動を決めると言われていますが、この男のような弱い人間も常に相手の目をうかがいながら動くという、言ってみれば動物レベルで動いている人間です。

今回のような図式、つまり幼い子供を弱い男が虐待する構図がしばしば見られます。無抵抗の幼児が短い一生を断ち切られて亡くなることほど悲惨で理不尽で悲しいことはありません。

このような卑劣低能な馬鹿男の所属集団はもう暴力団と呼ばずに阿呆団と呼びませんか?以前にも暴走族を珍走団と呼び換えよう!という動きがネットでありましたよね。暴走族などというと馬鹿者が憧れるので、蔑称を付けてしまえ、というものでした。暴力団は阿呆団でちょうどよいのではないですか。発音数も少なくなって少し楽ですし。

そうすれば、「俺は阿呆団のものだぁ!」「お前の頭の程度なんか見れば分かるよ」ということになるのではないでしょうか。警察庁は警察用語を改定して、ぜひ珍走団と阿呆団を採用して下さい!