カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

転落の構図

ついに、と言うかやはりと言うべきか、元プロ野球選手の清原和博覚せい剤所持で逮捕されてしまいました。かつての栄光から奈落の底に転落し、今やっと立ち直ろうとした矢先の逮捕でした。高校野球の名門PL学園で甲子園のヒーローとなり、プロ野球西武ライオンズ読売ジャイアンツに在籍し、幾多のリーグ優勝や日本一を成し遂げた男だけに大変残念な思いです。

何よりもまず、清原和博に憧れて野球選手を目指した野球少年たちのことを彼はどう考えているのでしょうか。そんなことは思いもしないのでしょうか。そもそも清原にしても、王・長嶋を見て育ったのですから。

かつてV9時代後のジャイアンツで森昌彦に代わって正捕手の座についた矢沢正は引退後は転落して暴力団の運転手となり恐喝事件に絡んで逮捕されました。このため、読売巨人軍ジャイアンツの全公式記録から矢沢の記録を抹消してしまいました。清原和博の数々の記録は一体どうなるのでしょうか?何しろ、バットマンとしての個人打撃記録において巨人で王・長嶋に続くのは原辰徳清原和博なのです。

大体において、プロスポーツのスター選手の転落の構図は目に浮かぶようです。高額な年俸を手に入れ、贅沢な生活をし、驕り高ぶる自分に気が付かないときはまず転落の道を歩んでいます。そして、結局は砂糖に群がるアリのように、金目当てに群がる悪い人間たちに付きまとわれて転落していくのです。

つまりは、人間すべて驕慢にならない素直な心掛けを忘れぬことです。自分を見失わない自律コントロールが出来るかどうかです。残念ながら、清原和博は五十近くになっていながら、まだ自分の人生指導をしてくれる師匠が必要なのです。