カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

ただ順番に大臣にするからこうなる!

f:id:tokyoeastwood:20160210082705j:plain

昨日の記者会見で自民党安倍内閣の沖縄北方担当特命相が、北方領土の一つである歯舞(はぼまい)を読めずに絶句する場面がありました。北方領土返還を最大の主眼とする大臣が、北方領土の地名を読めなくてどうするのでしょうか?

筆者の世代では、北方四島は「国後、択捉、歯舞、色丹」(くなしり、えとろふ、はぼまい、しこたん)と学校で暗記をさせられた記憶があります。

どうも自民党の大臣はただ順番で就任しているとしか思えません。非常に優秀な人が大臣に選ばれるのではなく、各派閥から提出される大臣候補者リストの順番で就任しているからこういう事態になるのです。財務、外務などの最重要ポストでない大臣職については特にその傾向があります。

だいたい新たに設けた特命大臣職がそうです。五輪担当大臣には献金疑惑、復興担当大臣は若い頃、女性の下着を盗んで捕まったパンツ大臣だそうですね。これに比べると単に字が読めない大臣ならばまだマシなのでしょうか。