カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

戦艦の主砲弾装填

f:id:tokyoeastwood:20160301180903j:plain

映画「ビスマルク号を撃沈せよ!」に出てきた戦艦の艦載砲の主砲弾装填の様子です。1960年制作の映画ですから、1930~40年代の、つまり大戦時そのままの艦砲とは同じではないかも知れませんが、半自動化された主砲弾の装填作業を見ていると、たしかに当時の工業技術の粋を結集して作られたもの、という感じを強く受けました。戦艦は大艦巨砲主義の象徴ですが、砲術科出身の海軍将校であれば、巨砲の魅力に取り込まれてしまいそうです。

映画はアメリカ映画なので、この映像はアメリカの戦艦の主砲かも知れないですね。