カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

経歴より現在がすべてではないのか

f:id:tokyoeastwood:20160318215431j:plain

最近、テレビのコメンテーターとして活躍するショーン・マクアードル川上氏が経歴詐称とやらでテレビ出演を自粛し、マスコミが一斉に彼を非難しています。

でも、ホームページに載せたぐらいの経歴が多少違っていたって一体何が問題なのでしょうか?

視聴者は報道番組で彼のコメントを聞き、満足しています。ニュースステーションの古館伊知郎キャスターでさえ、彼の番組における川上氏の切れ味の良い的確なコメントに感心していたのですから。

どうも、日本のマスコミはちょっとでもホコリが出た人を徹底的に叩く傾向にあります。昨日までと違って、まるで手のひらを返したようです。その人の過去をすべてあばき、正義づらをするマスコミは好きではありません。

経歴なんて構いません。彼の的確なコメントこそが、テレビで聞きたいことなのです。ホームページぐらい直せばすむことではないでしょうか。賢明なる視聴者諸氏はつまらぬ話題を針小棒大に取り上げる日本のマスコミに踊らされず、真実を見極める目を養っていただきたいと思います。