カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

映画「英雄の条件」

 
 
「英雄の条件」は2000年公開のアメリカ映画です。極限状態で発砲を命令した軍人と、彼の正義を信じる戦友の苦悩を描く法廷サスペンス映画です。中東イエメンでアメリカ大使館包囲事件が起き、アメリカ政府の要請で大使館員救出に向かった海兵隊は、暴徒と化した民衆に向け“銃撃”を命令します。発砲を命令したテリー・L・チルダーズ大佐(サミュエル・L・ジャクソン)は軍法会議にかけられますが、その彼を、かつて命を救われた戦友ヘイズ・ホッジス(トミー・リー・ジョーンズ)が弁護を引き受けます。この映画が公開されると、本作のアラブ人の特徴の描写は人種差別であると大変強い批判を受けました。