カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

映画「日本のいちばん長い日」

「日本のいちばん長い日」は、太平洋戦争終戦時の8月14日から15日までの24時間を描いたノンフィクション映画です。昭和天皇と閣僚たちが御前会議において降伏を決定し、その後の宮城事件、ラジオ(日本放送協会)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせ、三船敏郎扮する阿南陸相の自刃、反乱将校たちが自決するまでを
描いています。2度にわたり映画化されましたが、こちらは東宝が制作した岡本喜八監督による1967年版の映画です。