カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

映画「大空港」

 
 
 
1970年公開のアメリカ映画「大空港」はいわゆる空港映画の元祖というべき1作目で、パニック映画の元祖とも言われています。オールスターキャストですが、それぞれの登場人物にまつわるストーリーが複雑に絡み合う人間ドラマ的展開となっています。人が沢山集合する場所でのパニックの危険性を最初に示唆した映画と言えるのではないでしょうか。ローマ行きの旅客機内に爆弾が持ち込まれているという情報と、惨事を阻止しようと努力する人々を描いた傑作ですが、まだこの当時は現代のような徹底したテロの恐怖まで感じさせるものではないようです。
 
→ラベルはこちら