カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

聯合艦隊司令長官 山本五十六

役所広司演じる「聯合艦隊司令長官 山本五十六」を見ました。2011年の日本映画です。かつてのミニチュアの特撮が多かった戦争映画に比べるとCGのおかげで特段に迫力満点ですが、やはりCGはCGとすぐに分かってしまいますね。実写とCGのつなぎが今後の映画の課題かと感じました。でも、よく考えるとかつての特撮はハッキリとオモチャっぽく見えて、特撮とすぐ分かりましたから、まあ同じかも知れません。映画そのものは大変満足です。対米開戦に強く反対しながら、連合艦隊の総指揮をとらざるを得なかった山本五十六の苦悩が実感として感じられた映画でした。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/