カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

「大脱走」をもう1枚

 
 
「大脱走」をもう1枚載せますね。なぜか、脱走とか銀行強盗とか地下を掘り進んで目的を達するという痛快無比な行為に共感を覚えます。相手の知らないところに達するという行為は防ぎようがないですからね。大戦中の捕虜収容所からの脱走というのがどれぐらいあったのかは分かりませんが、命を危険に晒しても敵の広報を攪乱するという英雄的行為は尊い行為だと感じます。敵の軍服を着てスパイとみなされれば即銃殺でした。そうでなくてもドイツの親衛隊は捕虜を虐殺したようです。どこの国でも程度の多少の差はあれ、戦争中にはあった事ではないかと思います。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/