カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

映画「シリアルママ」(その1)

 
 
映画「シリアルママ」(Serial Mom)は1994年のアメリカ映画です。ボルチモアの平凡な主婦ベヴァリー・サトフィンは一家の平和を乱す者、社会のルールを守らない者に対しては、誰であっても容赦なく叩きのめします。息子を問題視した教師をクルマでひき殺したり、娘の元恋人を火かき棒で刺したり、レンタルビデオを巻き戻さない老婦人を撲殺したり、次々と社会の敵に制裁を加えてゆきます。やがて彼女は警察に逮捕されて裁判にかけられますが、マスコミは「シリアル・ママ(連続殺人ママ)」を大きく取り上げ、裁判所の外ではグッズが売られ、ベヴァリーはヒロインとなってゆくというストーリーです。監督のジョン・ウォーターズは極めて下品で悪趣味という評価がついた人だそうです。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/