カツ丼小太郎の日記

映画のDVDラベルを作っています。

映画「三人の狙撃者」(その1)

映画「三人の狙撃者」(Suddenly)は、1954年のアメリカ映画です。1950年代のある日、アメリカ合衆国大統領が休暇を利用してカリフォルニア州の田舎町サドンリー(Suddenly)を訪問する事になります。サドンリーの地元警察やシークレットサービス警備体制を整える中、元シークレットサービスのポップ、その息子の妻エレン、孫ピッジが暮らすベンソン家へ3人の男達が現れます。彼らは連邦捜査局(FBI)を名乗り、この家が駅を見下ろす丘の上にあるため、保安上の理由から監視が必要だと説明しますが、実は彼らこそが大統領暗殺を狙う暗殺者だったのです。家を占拠した男たちは、窓に狙撃銃を据え付けて大統領を待ち構えます。

→ラベルはこちら
http://tokyohiking.blog90.fc2.com/